コンテンツにスキップする

【新興国市場】ブラジル・レアル急落、一時の平穏破る-世論調査受け

  • レアルとブラジル株は新興国市場の中で最悪のパフォーマンス
  • MSCI新興市場通貨指数は上げから下げに転じ、一時0.2%安

11日の新興国市場では通貨と株が下落。数週間にわたり混乱が続いていた市場はブラジル・レアルが取引を開始するまで一時的に平穏を取り戻していたが、レアルは取引開始時に急落し、新興国通貨の指標であるMSCI新興市場通貨指数を押し下げた。

  レアルとブラジル株の指標であるボベスパ指数は、新興国市場の中で最悪のパフォーマンスとなった。 大統領選まで1カ月を切る中、世論調査で左派候補の支持率が上昇した一方で、投資家に人気の候補の支持率が伸び悩んだことが示された。MSCI新興市場通貨指数は一時0.2%下げ、新興国株は一時1.1%値下がりした。

Index of EM currencies falls after real plunges at the open
  • 新興国株の指標であるMSCI新興市場指数は一時、2017年5月以来の安値に下落
  • MSCI新興市場通貨指数は続落

中南米:

  • ブラジル:
    • 10日に公表されたダータフォリャの世論調査では、左派候補のみが誤差率を上回る支持率の伸びを示した。投資家は左派候補が財政再建の取り組みを巻き戻すと懸念している
    • 極右のジャイル・ボルソナロ氏の支持率は小幅な伸びにとどまった
    • 「ダータフォリャの調査は、ボルソナロ氏の支持率が伸び、不支持率が低下するとの期待をくじいた」と、パイネイラス・インベスチメントス(リオデジャネイロ)のパートナー、デービッド・コーエン氏が指摘
  • メキシコ:
    • メキシコ、米国と2国間で通商協定結ぶ用意-FT
    • メキシコの7月の鉱工業生産は前年同月比1.3%増-予想1.0%増
  • アルゼンチン:
    • アルゼンチン中銀:政策金利を60%に据え置き-市場の予想通り

EMEA:

  • トルコ:
    • トルコ中央銀行は13日の政策決定会合で1週間物レポ金利を3ポイント引き上げる可能性-ブルームバーグ調査
  • ロシア:
    • ロシアは今週のルーブル建て債券の入札を中止する-米国の追加制裁観測の中で
  • 南アフリカ共和国:
    • 7ー9月(第3四半期)の企業景況感は今年の最低水準に低下。各業界は政策の不透明性に懸念示す
    • 土地収容を巡る議論、南アの農業に打撃

アジア:

  • インド:
    • 財務省の当局者はインド準備銀行(中銀)に対し、銀行システムで適切な流動性を維持するために公開市場操作(オペ)を増やすよう要請したと、事情に詳しい関係者が明らかにした
    • インド株の指標であるS&P・BSEセンセックスは続落-ルピーへの圧力続く

原題:Emerging Markets’ Moment of Calm Broken by Brazil: Inside EM(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE