米とカナダ、NAFTA交渉で相違点解消に取り組む-乳製品など

  • カナダ外相:協議は生産的だがまだ合意に至らず
  • 紛争処理パネルや文化産業、知的財産などの問題が争点

米国とカナダは11日、北米自由貿易協定(NAFTA)改定交渉で互いの相違点の解消に引き続き取り組んだ。カナダ側は好ましくない協定には署名しないと主張している。

  ワシントンで交渉に臨んでいるカナダのフリーランド外相は記者団に、「非常に生産的かつ建設的な話し合いを持った。雰囲気は引き続きなごやかであり、双方とも友好的だ」と発言。「通商交渉では当然ながら、決まる時は一挙に決まる」と述べた。

  ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表の報道官にコメントを求めたが返答はなかった。

  両国が立場を異にしているのは、米国が削除を求め、カナダが保持を主張するNAFTA19章の反ダンピングに関する紛争処理パネルの問題や、現行のNAFTAに盛り込まれておらず、米国が譲歩を要求しているカナダの乳製品セクター保護の問題など。カナダが例外措置を求めている文化産業のほか、知的財産や医薬品特許の問題もある。

  トランプ米大統領はNAFTA改定でカナダと合意できなければカナダ抜きで進めるほか、同国に自動車関税を課すと圧力をかけてきた。大統領は11日、記者団に対し、カナダとの交渉は「非常に順調であり、われわれ全員が誠意を持って取引している」と語った。

 トランプ大統領はホワイトハウスの執務室から、「カナダ側は取引を強く望んでいる。私としては成功すればいいし、成功できなくても問題ないという立場だ」と述べた。

原題:U.S., Canada Seek to Bridge Divide as Nafta Talks Stretch On (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE