コンテンツにスキップする
Photographer: Christophe Morin/Bloomberg

トランプ大統領の2670億ドル対中関税、米消費者の「全身」を直撃へ

Shipping containers stand on the dockside at the Port of Le Havre in Le Havre, France, on Thursday, Sept. 6, 2018. France is benefiting from solid economic expansion in the euro zone after years of European Central Bank stimulus, and a trade dispute with the U.S. that could have led to higher tariffs seems to have subsided for now.
Photographer: Christophe Morin/Bloomberg

7日にトランプ米大統領が賦課する用意があると表明した中国への追加関税(2670億ドル相当、約30兆円)は、米国が中国から輸入する全てが文字通り対象になることを意味している。ヴィクトリアズシークレットの下着やアンダーアーマーのスポーツウェア、ナイキの靴なども標的になり、アップルのスマートフォンにも逃げ道はないだろう。

  ターゲットやサムソナイト・インターナショナルなど米国の製造業者や小売業者は関税導入なら価格を引き上げると警告しており、米消費者はトランプ大統領の闘いに引きずり込まれることになる。貿易戦争は米国人の頭のてっぺんからつま先まで影響をもたらす恐れがある。

  頭部

  米国際貿易委員会(ITC)のデータによると、米国が中国から昨年輸入したサングラス、ゴーグルなどアイウエアは約10億ドル相当に上り、中国が最大のサプライヤーだった。中国製プリヴェ・ルヴォーのサングラスはウォルマートの通販サイトで現在29.95ドルで売られているが、値上がりする可能性がある。中国はスカーフやショールでも米国にとって最大の供給国で、補聴器では2番目のサプライヤーだ。

  衣服

  週末に重宝する万能型のニットが危機にさらされる。この種の商品を米国は昨年、中国から46億ドル輸入し、さらにTシャツやタンクトップなどのカジュアルシャツを6億600万ドル輸入した。メーシーズやバーリントン・ストアーズに冬服を購入しに出掛けた米消費者は、価格上昇を目の当たりにするかもしれない。中国は男性用・女性用コートでも米国への最大のサプライヤーだ。

  ポケットの中

  アップルは、すでに提案されている2000億ドルの対中関税が発動されれば「アップルウオッチ」や 「エアポッド」の価格を引き上げると警告しているが、追加関税の対象拡大ならアップルの他製品も値上がりする可能性がある。アップルは「アイフォーン」などで中国に生産拠点を持つ鴻海精密工業をはじめとするサプライヤーに深く依存している。

Getting Personal

U.S. imports from China that could be next for Trump's trade tariffs

Source: United States Census Bureau

Note: 2017 import values

  下着

  米国が輸入する女性用下着は中国製が最も多い。貿易統計によると、昨年の輸入額は12億ドル相当に上った。財布のひもが固い米国人男性の下着でも、中国からの輸入が最大。

  靴

  中国が米国に昨年輸出したフットウエアは115億ドル前後。中国製ラバーブーツに追加関税が課されれば雨靴が高くなるし、中国製のインソールも同様だ。

Tariffs Illustration Walter Parenton HP Social

原題:Trump’s Next Trade War Shot Could Hit Americans From Head to Toe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE