コンテンツにスキップする

金正恩氏、トランプ大統領に2回目の米朝首脳会談を要請

  • 既に会談の設定に向けて取り組んでいる-大統領報道官
  • 親書は「非常に温かく、非常に前向きな」内容
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

Photographer: SAUL LOEB/AFP
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長
Photographer: SAUL LOEB/AFP

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領との2回目の首脳会談を要請し、米外交当局者が既に会談の設定に向けて取り組んでいる。サンダース大統領報道官が10日に明らかにした。

  同報道官は、金委員長からトランプ氏に宛てた「親書の主目的は大統領との新たな会談を要請し、日程を設定しようとするものだった。それに対しわれわれはオープンであり、既に調整のプロセスにある」と語った。

  サンダース氏は、トランプ氏が10日に受け取った親書について、金委員長が同意しない限り公開しないと述べながらも、「非常に温かく、非常に前向きな」内容だとした。

  トランプ氏と金委員長は6月にシンガポールで首脳会談を行い、北朝鮮が核兵器プログラムを放棄することで合意した。ただその後、北朝鮮は非核化の実現に向けた動きをほとんど見せておらず、トランプ政権は先月、予定されていたポンペオ米国務長官による平壌訪問を非核化進展が不十分であることを理由に中止した。

  それでもサンダース氏は、北朝鮮が9日に実施した軍事パレードが「核兵器を誇示する」ものではなかったことにトランプ政権は勇気づけられたと説明。「われわれはそれを誠意のしるしと受け止めている」と語り、金委員長の親書は「対話を継続し、首脳会談後の進展をさらに推し進めることへのコミットメントを確かに示している」と付け加えた。

  同報道官は2回目の首脳会談がワシントンで行われるのか、米政府が年内実現を期待しているのかなどについてコメントを控え、「さらなる詳細が分かった時に知らせる」と述べた。

原題:North Korean Leader Kim Seeks Second Summit With Trump in Letter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE