コンテンツにスキップする

【米国株】S&P500が反発、FANGは安い

更新日時
  • マイクロソフトとホーム・デポ上昇、ダウ輸送株20種は過去最高値
  • 米国債イールドカーブはフラット化、30年債の上昇受け
Trading On The Floor Of The NYSE As U.S. Stocks Hold Gains As Trump Pressures Apple
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Trading On The Floor Of The NYSE As U.S. Stocks Hold Gains As Trump Pressures Apple
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

10日の米株式市場では、S&P5000種株価指数とナスダック総合指数が上昇。FANG銘柄(フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグル親会社アルファベット)が軟調となり、米中貿易摩擦に対する根強い懸念が投資家心理を圧迫する中でも、大半の銘柄が上昇を維持した。米国債市場では30年債が上昇した。

  • 米国株はS&P500種が反発、貿易懸念根強くFANGは安い
  • 米国債は30年債が上昇、10年債利回りは2.93%
  • NY原油は4日続落、サウジとロシア生産拡大の観測で
  • NY金は小幅続落、金利先高観で売り-ドル安で一時買いも

  マイクロソフトやホーム・デポの上昇を下支えに、S&P500種は5営業日ぶりに上昇。ダウ工業株30種平均は2営業日続落したが、ダウ輸送株20種指数は過去最高値を更新した。

  S&P500種株価指数は前週末比0.2%高の2877.13、ナスダック総合指数は0.3%高。一方、ダウ平均は59.47ドル(0.2%)安の25857.07ドル。ニューヨーク時間午後4時53分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し2.93%。

  ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が4営業日続落。イラン制裁で世界的な供給逼迫(ひっぱく)が起きるとの懸念があるものの、サウジアラビアとロシアの生産が大幅に増加する可能性の方が意識され、売りが優勢になった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は21セント(0.3%)安の1バレル=67.54ドル。ロンドンICEの北海ブレント11月限は54セント上げて77.37ドルで終えた。

  ニューヨーク金先物相場は小幅続落。ドルが下落した一方、米国で金利先高観が強いことから、前週末終値を挟んでもみ合う場面が目立った。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.1%未満安い1オンス=1199.80ドル。

Apple falls for 4th straight day

  アップルは4営業日続落と、4月以来最長の下落。同社に国内雇用創出を求めるトランプ米大統領のツイートが重しとなった。

  ネーションワイド・ファンズ・グループの投資調査部門責任者、マーク・ハケット氏はブルームバーグとのインタビューで「指標発表が相次いでいたことから、踊り場が訪れた雰囲気がある。唯一残る貿易ではあいにく、明るい材料より暗い材料の方が多く出てきそうだ」と語った。

  米国債は狭い値幅での取引に終始。年限の長い銘柄が上昇し、イールドカーブはフラット化した。イタリア国債が上昇し、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉で合意成立を楽観するEUバル二エ氏の発言で英国債が下げる中で、米10年債のパフォーマンスはドイツ10年債を上回った。

原題:Stocks Mostly Gain as FANG Feels Trade Pressure: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries Narrowly Mixed; Long End Gains, Flattening Curve
Crude Oil Dips as Saudi Barrels Seen Offsetting Iran Sanctions
Gold Slips as Fed Rate Concerns Mute Impact of Lower Dollar

(第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE