コンテンツにスキップする

ヘッジファンド、米国債に弱気の賭けまだあきらめず

米国債ネットショートポジションを過去最大付近に戻す

  米国債値下がりに賭けていたヘッジファンドは降参したかに見えたが、その1週間後にはまた弱気のポジションを過去最大に向けて積み上げた。米商品先物取引委員会(CFTC)の最新データによると、ヘッジファンドは10年物米国債のネットショートポジションを約30%増やし、前週減らした分をほぼ回復した。7日には米雇用統計で賃金の伸びの強さが示され米国債は大幅に売られた。

原題:Hedge Funds Not Ready to Give Up Short Treasuries Bet Yet: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE