コンテンツにスキップする

中国の海航:さらに資産売却へ、コンテナ船事業の買い手探す-関係者

  • 海航の深圳上場部門、渤海金控投資が経営権握るシーコを手放す公算
  • 中核の航空事業と関連のない資産を処分する戦略の一環と関係者

中国の海航集団(HNAグループ)は傘下のコンテナ船リース会社シーコの買い手を探している。事情に詳しい関係者が明らかにした。巨額債務を減らそうと、海航は資産売却を進めている。

  海航の深圳上場部門、渤海金控投資が経営権を握るシーコを手放す可能性について、海航はアドバイザーと協議している。海航は中核の航空事業と関連のない資産を処分する戦略の一環として、シーコ全体を売ることに決めたと関係者の1人が非公開情報だとして匿名を条件に述べた。最終決定は行われておらず、協議がシーコ売却につながる保証はないとも関係者は語った。

  海航とプライベートエクイティー(未公開株)投資会社ブラビア・キャピタルは2011年、シーコの10億5000万ドル(約1165億円)規模の買収を完了。米ゼネラル・エレクトリック(GE)などからGEシーコと呼ばれていた事業を買い取った。15年にはコンテナ船事業で競合するクロノスの経営権も取得しシーコと統合した。

  海航の担当者はコメントを控えた。ブラビアに電子メールでコメントを求めたが今のところ返答はない。ロンドン在勤のシーコ担当者に英国の営業時間外に電子メールでコメント要請したが返答はなかった。

原題:HNA Is Said to Seek Buyer for $1 Billion Container Lessor Seaco(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE