アリババのジャック・マー氏、1年後に会長退く-後任はダニエル・チャンCEO

更新日時
  • 馬氏、55歳の誕生日に当たる19年9月10日に会長職を去る
  • 20年の株主総会までは取締役にとどまる-アリババが発表

アリババ・グループ・ホールディングは10日、共同創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が1年後に執行会長を退き、最高経営責任者(CEO)の張勇(ダニエル・チャン)氏が会長職を引き継ぐと発表した。

  時価総額でアジア最大となったアリババを育て上げた馬氏は2020年の株主総会までは取締役にとどまるが、55歳の誕生日に当たる19年9月10日に会長を辞める。

馬雲氏

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

張勇氏

フォトグラファー:Vivek Prakash / Bloomberg

  馬氏はブルームバーグテレビジョンとの先週のインタビューで、今後は慈善活動と教育に力を注いでいきたいと説明。「ジャック・マー財団」を10年間にわたり準備してきたと述べていた。10日の発表資料では、詳細を明かさずに「新しい夢」を追求するとも表明した。

ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語る馬氏

(出所:Bloomberg)

  20年近く前に自身のアパートで創業したアリババの急成長に伴い中国一の富豪となった馬氏は13年にCEO職を辞め、15年に張氏をCEOに指名。「アリババのたいまつをダニエルと彼のチームに手渡すプロセスを始めることは、正しい時期の正しい決断だ。彼らに用意ができていることは、共に働いてきたので分かっている」と、馬氏は資料で説明した。

  張氏(46)は以前の馬氏のように、アリババのCEOと会長を兼任する。07年にアリババの消費者向け電子市場「淘宝(タオバオ)」の最高財務責任者(CFO)に就いた後、張氏はアリババの急成長に寄与した。

  馬氏らが1999年に企業向け電子市場として始めたアリババ・ドットコムはソフトバンクグループなどからの出資を得て、中国消費者向けオンライン市場の発展に寄与。ニューヨーク証券取引所で史上最大規模の新規株式公開(IPO)を2014年に果たした後、アリババの株価は倍以上の水準に上昇している。

原題:Jack Ma to Hand Alibaba’s Helm to CEO Daniel Zhang Next Year (2)(抜粋)

(第3段落以降を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE