コンテンツにスキップする
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

仮想通貨市場が10カ月ぶり安値、イーサ安い-ビットコインも売り優勢

  • SECが仮想通貨に連動する2種類の証券の取引停止を発表
  • 仮想通貨の時価総額は1月のピーク時から約6400億ドル減少
EDITORS NOTE: IMAGE WAS CREATED USING A FISH-EYE LENS. Lights illuminate ethernet cables on mining rigs operating inside a shipping container converted into a mobile cryptocurrency mining farm, operated by BitCluster, at Rodniki Industrial Park in Rodniki, Russia, on Tuesday, Feb. 6, 2018. Cryptocurrencies have been pummeled by a wave of bad news, including the threat of more regulation from governments including the U.S., China, South Korea and India.
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

弱気相場にある仮想通貨市場がまた10カ月ぶりの安値を付けた。ビットコインの最大のライバルであるイーサの下げが最もきつかった。

  イーサは10日の取引で一時10%安の196.275ドルとなった。米当局が仮想通貨に連動する2種類の証券の取引停止を発表したことが材料視され、ビットコインも売り優勢で今週の取引を開始した。コインマーケットキャップ・ドット・コムによると、仮想通貨の時価総額は1月のピーク時から約6400億ドル(約71兆円)減少している。

  米証券取引委員会(SEC)は9日、ビットコイン・トラッカー・ワンとイーサ・トラッカー・ワンの2種類の証券取引を一定期間停止すると発表した。ビットコインは10日の早い時間帯に一時3.7%安となった。日本時間午前8時40分現在は6267.81ドル

Bitcoin edges lower Monday after tough week

原題:Crypto Wipeout Deepens to $640 Billion as Ether Leads Declines(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE