コンテンツにスキップする

テスラのマスクCEO、大麻吸引で経営者の資質に疑義

  • 「公のCEOとしての暗黙のルールに反する行為」とマンスター氏
  • 6日夜のポッドキャスト番組出演中に大麻吸引

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が6日深夜のストリーム配信番組に出演中に大麻を吸引したことは、以前だったら、世界の変革を目指し社会の慣習にとらわれず因習を打破する実業界の大物というイメージを際立たせただけだったろう。

relates to テスラのマスクCEO、大麻吸引で経営者の資質に疑義

6日の番組に出演したイーロン・マスク氏

出典:Joe Rogan Experience / YouTube

  しかしテスラの非公開化を検討しているという軽率なツイートを先月出したことで、マスク氏の情緒安定や健康管理に対する深刻な疑念が生じ、今回の件で同氏への見方が変わった。

  ボストン大学経営学部のカブリナ・チャン准教授(法人倫理・労働法)は、「既に問題を抱えていたため、特にやっかいだ」とした上で、「私が取締役ないし株主だったら、これはマスク氏が正しい方向に動いていると確信できない行動だ。テスラのガバナンスやプロフェッショナリズムの面で前進とは思えない」と指摘した。

  マスク氏は6日深夜にポッドキャストで配信された2時間半の番組に出演中、ウイスキーを飲んだ。カリフォルニアのコメディアン、ジョー・ローガン氏が司会を務める同インタビュー番組で、マスク氏(47)は人工知能(AI)から宇宙の果てまでさまざまな事を語った。同番組はインターネットでライブ配信された。マスク氏は番組中、「私は大麻の常習者ではない」と述べながらも、ローガン氏がタバコに大麻を混ぜたジョイントだと称したものを一度吹かした。カリフォルニアの州法では大麻は合法。

  ローガン氏が、「少したしなんでみますか?株主がいるからたぶんだめですね、そうでしょう?」と尋ねると、マスク氏は「これは合法ですよね?」と言って、一度吹かした。

  テスラ株は7日、6.3%下げた。テスラ取締役会のメンバーらにマスク氏の大麻利用についてコメントを求めたが、返事はない。

  ベンチャーキャピタルのループ・ベンチャーズのマネジングパートナーで、テスラ支援者であるジーン・マンスター氏は「快楽目的のドラッグ利用は、合法であれ違法であれ、公のCEOとしての暗黙のルールに反する行為だ」と指摘、マスク氏の行為は、企業のファンダメンタルズがたとえ改善しているとしても、テスラという会社を支援することを難しくするものだ」と述べた。

原題:Musk Decision to Smoke Pot Shows CEO Dazed and Confused by Tone(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE