コンテンツにスキップする

米共和党全国委員長:中間選挙での下院過半数維持の確率は五分五分

  • CBSの番組などで期待を低く抑えようとする発言
  • 16年大統領選で敗北の民主党には「今、エネルギーがある」

米共和党全国委員会(RNC)のマクダニエル委員長は9日のメディア出演で、投票まで60日を切った11月の中間選挙での同党の勝敗について期待を低く抑えようとする発言を行った。

  マクダニエル委員長はCBSの番組「フェース・ザ・ネーション」で、共和党が下院で過半数議席を維持する確率は五分五分だと述べ、党の士気を鼓舞する立場にある1人としては暗い見通しを示した。さらに、共和党議員の引退が異例の数である点に言及し、「一部の激戦州では状況を一層厳しくしている」と指摘した。

  また、ニューヨークのラジオインタビューで同委員長は、「下院での過半数議席を維持するための戦いになろう」と述べ、2016年大統領選で敗北した民主党には「今、エネルギーがある」と付け加えた。

  中間選挙は歴史的に、大統領選で負けた党に有利になるケースが多いだけに、共和党は下院の過半数議席維持を目指して奮闘している。民主党は変化が必要とされていると主張し、大統領権限を議会が監視する重要性がますます高まっていると訴えている。オバマ前大統領も選挙キャンペーンに加わり、トランプ政権下で米国が「危険な時期」を経験しているとして、民主党への支持を呼び掛けた。同党が下院を制するには23議席増やす必要がある。

原題:Republican Party Chief Sets Expectations Low as Election Nears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE