コンテンツにスキップする
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

ゴールドマンが推計-日銀の異次元緩和なき長期金利のあるべき水準

  • 30年債利回り2.1%程度とゴールドマン-市場の現実は約0.8%
  • 非伝統的金融政策が廃止された場合に達するであろう水準を推計
The Bank of Japan (BOJ) headquarters stands in Tokyo, Japan, on Tuesday, July 31, 2018. The central bank left its key interest rates unchanged while announcing policy tweaks, including a shift in purchases of exchange-traded funds toward assets linked to the Topix equities index and flexibility in bond operations.
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

日本銀行による異次元緩和がなければ、日本国債の金利はどうなっているのだろう。ゴールドマン・サックス・グループが推計した。

  同社エコノミストらによる6日のリポートによると、同日時点で0.8%前後の30年債利回りは2.1%程度となる。株式市場の市場価格から想定される「シャドーレート」という。

Shadow Rate

  同リポ-トはシャドーレートについて、「『量的緩和などの非伝統的金融政策が廃止された場合に長期金利が達するであろう水準』とも定義可能」とし、「市中金利との乖離(かいり)幅は日銀の金融政策の資産市場への影響を測る指標になりうる」と続けている。

  ゴールドマンによると、株価は将来の配当額の現在割引価値であるため、配当先物とスポットの株価指数を用いて超長期の金利を推計することは可能。シャドーレートと30年国債利回りは比較的近かったが、日銀が2013年4月に量的・質的緩和を導入すると乖離し始め、その後も拡大傾向が続いたという。日銀は16年9月になると、長短金利を操作するイールドカーブコントロール(YCC)を導入、10年債利回りをゼロ%程度で推移させるとした。

  シャドーレートと30年債利回りの乖離幅は今年2月に2018年のピークに達した後、8月末にかけて約40ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小したと、ゴールドマンのエコノミストらは説明。縮小した理由の一つには日銀の7月の政策微調整もあるが、2月以降のシャドーレート低下傾向もあるとしている。シャドーレートは潜在成長率との相関が高いとも指摘した。

  エコノミストらはまた、本来あるべき金利水準の推計は金融引き締め観測が再度浮上したときに重要なテーマになるだろうともリポートに記述した。

原題:Goldman Pictures Japan’s Government Bond Market Without the BOJ(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE