コンテンツにスキップする

中国:8月末の外貨準備減少-人民元相場が安定する中

  • 外貨準備高は8月末時点で3兆1100億ドル
  • ブルームバーグ調査では3兆1150億ドルが見込まれていた

中国の外貨準備高は8月に小幅ながら減少した。資本規制措置が続き、中国人民銀行(中央銀行)は人民元相場への直接介入を控えていることから、今年に入り同国の外貨準備は変動が小さくなっている。

  人民銀が7日発表した外貨準備高は8月末時点で3兆1100億ドル(約344兆3400億円)。7月末は3兆1180億ドルだった。ブルームバーグのエコノミスト調査の予想中央値では3兆1150億ドルが見込まれていた。

原題:China Foreign Exchange Reserves Fall in August as Yuan Steadies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE