クレディSのCEO、退任否定-コートジボワール大統領候補の観測で

  • 20年の選挙に立候補するとの観測が出ていた
  • 「私は政治に関わらないと決心している」とティアム氏

スイス銀行2位クレディ・スイス・グループのティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)は6日、故国コートジボワールで政治家になるために退任する考えはないと言明した。ティアム氏を巡っては、2020年の同国大統領選に立候補する可能性があるとの観測が出ていた。

  ティアム氏はクレディ・スイスが電子メールで配布した発表文で、「私の仕事は道半ばであり、職務を続ける決意だ。同胞である多くのコートジボワール人から最近示された励ましと支持に対し、恐縮すると共に光栄だと感じているが、私は政治に関わらないと決心している」と説明した。

原題:Credit Suisse’s Thiam Says He Won’t Quit for Ivory Coast Job (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE