コンテンツにスキップする
Photographer: James MacDonald/Bloomberg

ビットコインのメルトダウン、改善する前に悪化の見込み

  • ビットコインは昨年12月のピークから65%値下がり
  • ユーリカヘッジの仮想通貨ヘッジファンド指数は年初来、約50%低下
Cryptocurrency mining rigs sit on racks at a Bitfarms facility in Saint-Hyacinthe, Quebec, Canada, on Thursday, July 26, 2018. Bitcoin has rallied more than 30 percent in July, shrugging off security and regulatory concerns that have plagued the virtual currency for much of this year.
Photographer: James MacDonald/Bloomberg

最新の一連の急落でビットコインが底を打ったと思っている人は、考え直した方がいい。

  最大の仮想通貨であるビットコインは昨年12月のピークから65%値下がりしているが、テクニカル指標はさらなる下落を示唆する。12月以降に付けた高値は前回の山を下回り徐々に切り下がっている。さらに、方向性指数は強気の買い圧力が突然消滅し新たな売り圧力のトレンドが始まったことを示唆した。

  既にやけどをした投資家は多く、これからも続くだろう。ユーリカヘッジの仮想通貨ヘッジファンド指数は年初来、約50%低下している。

More Pain to Come?

原題:Bitcoin’s Meltdown Looks to Grow Worse Before Things Get Better(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE