コンテンツにスキップする

国交省:関空A滑走路も9月中旬めどに暫定再開へ、全面復旧は未定

  • JALとANAの国際線、国内線ともに運航再開-国交省の復旧計画
  • 関空連絡橋道路は依然として対面通行、鉄道は4週間で再開へ

国土交通省は7日、台風21号による冠水被害で運用を休止している関西国際空港のA滑走路について、9月中旬をめどに暫定運用による発着を再開させる方針を明らかにした。

  国交省が策定した関空の早期復旧などに向けた対策プランによると、A滑走路の運用再開に伴って日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)が国際線、国内線ともに運航を再開する。空港と対岸を結ぶ唯一の陸路で、タンカーの衝突で破損した関空連絡橋は依然として上り線のみを用いた対面通行とする。同橋を通る鉄道路線については約4週間で運行再開を見込んでいる。

  A、B両滑走路の全面的な運用再開については「施設点検後に修復時期を確定」するとの表現にとどめ、再開時期のめどについては明らかにしていない。

  関空では被害が少なかったB滑走路の運用を7日から部分的に再開。それに伴って一部国内線の運航を始めていたANAホールディングス傘下の格安航空会社、ピーチ・アビエーションや中国の春秋航空はA滑走路の再開で国内線、国内線ともに運航規模を拡大させていくとしている。
 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE