コンテンツにスキップする

シティ、行内にフィンテック投資グループ設置-市場の革新見据える

  • フィンテック投資グループはマット・チャン氏(33)が率いる
  • BNPパリバなどテクノロジー新興企業に投資する大手行増える
Citigroup Reports Second Straight 70% Plunge in Equities Trading

Photographer: Victor J. Blue / Bloomberg

Citigroup Reports Second Straight 70% Plunge in Equities Trading

Photographer: Victor J. Blue / Bloomberg

打ち負かすことができず、一緒にもやれないなら、投資すればいい。

  まさにこれを実践しようとしているのが米シティグループだ。同行はクレジット市場を一変させるかもしれないにイノベーション(技術革新)に早くから関わるため、フィンテック企業に投資するグループを行内に設けた。

  スペインのサンタンデール銀行やフランスのBNPパリバなどテクノロジー関連のスタートアップ企業に資金を投じる大手行が増えているが、シティもこの流れに加わる。

  シティはフィンテック投資グループをクレジット市場・地方債・証券化業務を行う部門内に設置。マット・チャン氏が率いる同グループは、取引インフラやデータ分析、人工知能(AI)、機械学習に関連するテクノロジーを重視する。ブルームバーグ・ニュースが入手した行内文書で分かった。シティの広報担当者は文書の内容を確認した。

  チャン氏(33)は今年に入り、仕組みクレジット・証券化取引のグローバル共同責任者に指名されていた。

原題:Citi Seeks Credit Markets Edge With New Fintech Investment Group(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE