コンテンツにスキップする

中国・香港株が上昇-追加のトランプ関税に関心集まる中

  • 上海総合指数は1.2%高、今週の下げ帳消し
  • ハンセン指数は0.5%上昇-弱気相場入りになお近い状況

7日の中国本土と香港株式相場は上昇。トランプ米政権が中国製品2000億ドル(約22兆1100億円)相当への追加関税を発動する可能性がある中で値上がりしている。

  本土株の指標、上海総合指数は現地時間午前9時52分(日本時間同10時52分)現在、前日比1.2%高。今週の下げを帳消しにしている。

  香港のハンセン指数は0.5%上昇。今年1月に付けた最高値から18%下げており、依然として弱気相場入りに近い状況となっている。オーバーナイトで米テクノロジー株が軟調だったが、テンセント・ホールディングス(騰訊)は値上がりしている。

原題:China, Hong Kong Shares Buck Global Weakness in Show of Strength(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE