コンテンツにスキップする

アップルによる音楽認識アプリのシャザム買収、EU競争当局が承認

  • 欧州委は買収計画に関する調査を完了、問題なしと結論
  • シャザムを利用し、自社サービスに顧客誘導との懸念があった
Inside The Offices Of Song-Identification App Maker Shazam Entertainment Ltd.

Photographer: Simon Dawson / Bloomberg

Inside The Offices Of Song-Identification App Maker Shazam Entertainment Ltd.

Photographer: Simon Dawson / Bloomberg

アップルは6日、音楽認識アプリを提供する英シャザム買収について、欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会から承認を受けた。欧州委は買収でデジタル音楽ストリーミング市場における競争が損なわれることはないと結論付けた。

  アップルがシャザムのデータを利用し、自社の音楽ストリーミングサービスに顧客を誘導する可能性があるとの懸念が広がる中、徹底的な調査が行われていた。

  欧州委のベステアー委員(競争政策担当)は同日の声明で、「データはデジタル経済における鍵」であり、「このため商業上慎重な扱いを要するものを含む一連の重要データの取得につながる取引を慎重に審査し、競争を制限しないと確認する必要がある」と説明した。欧州の競争当局はテクノロジー企業のデータ使用方法を巡り懸念を強めている。

原題:Apple Wins EU Antitrust Approval to Take Over Shazam Service(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE