コンテンツにスキップする

NAFTAで今週中の合意ない見通し、交渉は7日再開-加当局者

更新日時

カナダ政府当局者は6日、北米自由貿易協定(NAFTA)を巡る米国とカナダの交渉は上向きのようだが、今週中に合意に達することはないだろうとの見通しを明らかにした。匿名を条件に語った。

  ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とフリーランド加外相は5日に2度、6日に2度会談。会合のペースは先週に比べ鈍っている。交渉に詳しい別の関係者3人も6日に匿名で、週内の決着に疑問を投げかけていた。

  米政権が当初設定した8月31日の期限は過ぎ、次の目標は今月末になる。メキシコの次期大統領が就任する12月1日より前に調印するため米国は月末までに合意文書を公表しなければならない。フリーランド外相は期限という概念を否定し「全てが決まるまでは何も決まらない」と述べた。同相によると、両サイドは7日に再び協議する。

原題:Nafta Deal Is Said Unlikely This Week, Talks to Resume Friday(抜粋)

(第3段落を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE