コンテンツにスキップする

アリババの先にある人生、「ジャック・マー財団」通じ教育の世界へ

  • 10年にわたり「ジャック・マー財団」を準備してきた
  • 多くのことをゲイツ氏から学んだ-ブルームバーグTVで述べた
馬雲氏が見据えるアリババ後の人生

中国一の富豪、馬雲(ジャック・マー)氏は自ら創業し中国最大の電子商取引会社に育て上げたアリババ・グループ・ホールディングの先にある人生を見据えている。教育に重きを置く財団を設立し、より多くの時間と資金を慈善活動に注ぐつもりだ。

Exclusive Interview With Billionaire Jack Ma at Alibaba's Charity Event

馬雲(ジャック・マー)氏

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

  ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、アリババの共同創業者で会長を務める氏は、自身の名を冠した財団を創設すると表明。10日に54歳の誕生日を迎える馬氏は今後、経営から退いた米マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏と同じような道を歩むつもりだと打ち明けた。ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、馬氏の資産は400億ドル(約4兆4200億円)以上。

慈善活動について語る馬氏

(出所:Bloomberg)

  中国で最も有名な経営者の1人となった元英語教師の馬氏は、約20年前にアリババを創業し、たまたまビジネスの世界に入ったと自らを語る。2013年に最高経営責任者(CEO)職は退いたが、時価総額が4000億ドルを超えるアリババの顔としての存在感を示し続けている。

  「多くのことをゲイツ氏から学んだ。彼ほどリッチには決してなれないが、彼よりうまくやれていることがある。早めの引退だ」と馬氏。「いつの日か、それも近いうちに、教育の世界に戻るつもりだ。アリババのCEOでいるより、私にはずっとうまくできると思う」と述べた。

  それは年内かとの問いに対し、馬氏は肩をすくめほほ笑むと、「すぐに分かる。『ジャック・マー財団』を準備している。こうしたこと全てを10年間にわたり準備してきた」と答えた。個人資産を寄付するのか、他の資産家がしているように信託に資金を投じるのかは明らかにしなかった。

China-Based Internet Company Alibaba Debuts On New York Stock Exchange

アリババの新規株式公開(ニューヨーク証券取引所、2014年)

写真家:Andrew Burton /ゲッティイメージズ

  馬氏の教育への熱意は、その重要性をたびたび強調している同氏をよく知る者にとって、驚きではない。中国の大学統一入学試験に2度も失敗するなど、馬氏は学生時代の不首尾もよく口にする。「良い学生と思われていなかった私だが向上することができた。われわれは常に学び続ける。私はこのことに最も多くの時間を注いでいきたい」と話した。

Jack Ma Performs Tai Chi On Variety Show In Beijing

バラエティー番組で俳優のジェット・リーと太極拳に興じる馬氏(2017年)

フォトグラファー:Shen Ronghua / VCG via Getty Images

原題:Billionaire Jack Ma Prepares for Life After Alibaba(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE