コンテンツにスキップする
Photographer: Carlo Gabuco/Bloomberg

新興国市場株式、弱気相場入り目前-危機波及懸念広がる

  • MSCI新興市場指数は1月の高値から19.9%下落
  • アルゼンチン・ペソ上昇、ロシア・ルーブルは安い
Locals Step In As $55 Billion Rout Hits Philippine Stocks
Photographer: Carlo Gabuco/Bloomberg

6日の新興国市場で株式が下落し、弱気相場入り目前となった。新興国市場全体に危機波及の懸念が広がった。

  新興国市場株の指標であるMSCI新興市場指数は1月の高値からの下げ率が19.9%と、弱気相場入りの基準とされる20%に迫った。通貨はまちまち。アルゼンチン・ペソは上げを主導。アルゼンチンのドゥホブネ財務相が国際通貨基金(IMF)当局者と会談した。一方、ロシア・ルーブルはここ2年余りの安値を付けた。神経剤によるロシア人元スパイの襲撃をロシア大統領府が承認していたのは「ほぼ確実」との英国の主張に、米国とカナダ、欧州連合(EU)諸国が同調した。

  チャールズ・シュワブの債券担当チーフストラテジスト、キャシー・ジョーンズ氏(ニューヨーク在勤)は「混乱が収まったとは思っていない」として、「中国製品への追加関税やさらなる米利上げの可能性がある中、混乱が近く収束すると予想するのは困難だ」と述べた。

Stock index falls almost 20 percent since a peak in January
  • MSCI新興市場指数は0.3%安
  • MSCI新興市場通貨指数はほぼ変わらず

中南米:

  • アルゼンチン
    • アルゼンチン株の指標であるメルバル指数は4.1%高
    • アルゼンチン・ペソは2.8%高
    • 融資案提示に向け迅速に動いているとIMF
  • ブラジル
    • ブラジル株の指標であるボベスパ指数は1.8%高
    • ブラジル・レアルは1%高
    • 10月の大統領選挙に関する世論調査で支持率トップの極右候補ジャイル・ボルソナロ氏、遊説中に刺される
    • ブラジル最高裁判所の判事、大統領選への出馬を認めないとの高等選挙裁判所の判断に対するルラ元大統領の不服申し立てを退けた
  • メキシコ
    • メキシコ株の指標であるボルサ指数は0.2%高
    • メキシコ・ペソは0.5%高
    • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の合意はカナダが協議を終えるまでまとまらないだろうとグアハルド経済相

EMEA:

  • トルコ
    • イスタンブール100種指数はほぼ変わらず
    • トルコ・リラは0.2%高
    • トルコ政府、副財務相2人を指名
  • 南アフリカ共和国
    • 南ア株の指標であるFTSE・JSEアフリカ全株指数はほぼ変わらず
    • 南ア・ランドは0.6%高
    • 南アの2018年成長率予想を半分に引き下げ-ムーディーズ
  • ロシア
    • ロシア株の指標であるMOEX指数はほぼ変わらず
    • ロシア・ルーブルは1.5%安
    • ロシアは英国での元スパイ襲撃事件に関与していないと大統領府は説明
    • ロシア中銀が14日の会合で金利を据え置く可能性は80%-モルガン・スタンレー

アジア:

  • インド
    • インド株の指標であるS&P・BSEセンセックスは0.6%高
    • インド・ルピーは0.3%安
    • ルピー安を抑える有意義な口先ないし実際の介入がないことが、下落を見込んだ一方的な賭けにつながっていると、エーデルワイス・セキュリティーズのエコノミスト、マドハビ・アローラ氏

原題:Stocks Slide to Cusp of Bear Market on Contagion Fear: Inside EM(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE