コンテンツにスキップする

ブラジル大統領選、ボルソナロ氏が選挙運動中に刺される

  • ボルソナロ氏は直近の世論調査で22%の支持を得て首位走る
  • けがは当初考えられたより深刻だが、容体は「現在、安定」
ジャイル・ボルソナロ氏が

ジャイル・ボルソナロ氏が

Photographer: Antonio Scorza/Agencia O Globo/Antonio Scorza
ジャイル・ボルソナロ氏が
Photographer: Antonio Scorza/Agencia O Globo/Antonio Scorza

ブラジル大統領選候補者、軍人出身で極右のジャイル・ボルソナロ氏が6日午後、ミナスジェライス州で選挙運動中に刺された。同氏は複数の世論調査で首位を走る。ボルソナロ氏は直ちに病院に搬送され、手術を受けた。

  ボロソナロ氏の息子はツイッターに、同候補のけがの程度は当初考えられたよりは深刻だが、容体は「現在、安定している」と投稿。居合わせた人が撮影していたビデオ映像には、市街地を選挙キャンペーン中のボルソナロ氏(63)が腹部を刺され、患部を抑えて痛みに顔をゆがめている様子が映し出されていた。

  地元警察当局によると、40歳の容疑者は既に身柄を拘束されている。ブラジルのテメル大統領はブラジリアでのイベントで、今回の襲撃事件について受け入れがたいと語り、他の大統領候補者も直ちに一斉に非難した。ブラジル大統領選は10月に実施される。

  事件後、ブラジルの株価と通貨は共に上昇した。ボルソナロ氏は物議を醸す人物ではあるものの、自由市場的アプローチから多くの投資家の間で人気がある。今回の事件で同情票が集まり、10月28日に予定されている決選投票に向けて同候補に追い風となる見通し。

関連記事:ブラジル大統領選:軍人出身ボルソナロ氏がリード-最新世論調査

原題:Brazil’s Presidential Frontrunner Stabbed on Campaign Trail (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE