コンテンツにスキップする

NY連銀総裁:逆イールドためらうべきでない-必要なら憂慮せず

  • 過去の経験から結論を導き出すことに現状では慎重になるべきだ
  • 雇用と物価は「ほぼこれ以上望めない状態にある」と同総裁

米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は6日、米金融当局の目標達成のために長期金利を上回る水準まで短期金利を引き上げる必要がある場合、逆イールド(長短金利差逆転)を生じさせることをためらうべきではないと語った。

  ウィリアムズ総裁はニューヨーク州バッファローで行われたイベント後に記者団に対し、「われわれの責務の2つの目標に照らし、経済がどのよう状況にあり、どこに向かっているかというわれわれの分析に基づいて、正しい決定を行う必要がある」と発言。「イールドカーブのフラット化、あるいは逆イールドが発生する地点まで、金利を引き上げることが求められるとすれば、それ自体憂慮すべきだと考えることではないだろう」と語った。

  過去の例を見ると、逆イールドはこれまで景気下降に先立って起こってきた。しかし、政策担当者は過去の経験から結論を導き出すことに現状では慎重になるべきだとウィリアムズ氏は主張した。その一方で、景気の状況については、物価安定の下での最大限の雇用実現という米金融当局の目標達成という意味で、「ほぼこれ以上望めない状態にある」との認識を示した。

  

An inverted yield curve has consistently foreshadowed recession

原題:Williams Says Fed Shouldn’t Be Afraid to Invert the Yield Curve(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE