コンテンツにスキップする

ソフトバンク、通信子会社IPOへの参加目指す銀行に融資要請

更新日時
  • 協議中の選択肢の一つは銀行による計80億ドルの融資
  • そのような事実はないとソフトバンクグループ広報担当者
ソフトバンクグループの孫正義氏

ソフトバンクグループの孫正義氏

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

ソフトバンクグループの孫正義氏

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

ソフトバンクグループ(SBG)を率いる孫正義氏は、過去最大規模となる見込みの通信子会社の新規株式公開(IPO)への参加を希望するウォール街の銀行に対し、融資を提供するよう求めている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  SBGは国内通信子会社ソフトバンク(SB)のIPOで重要な役割の確保を目指す引受業者候補に対し、グループの他の部門への貸し付けを提案すべきだと伝えている。情報の非公開を理由に関係者が匿名で語った。

  関係者2人によると、協議されている選択肢の一つは、複数の銀行が計80億ドル(約8850億円)を融資することだという。そのうちの1人によれば、この案ではソフトバンクが保有する英半導体設計会社アーム・ホールディングスの株式を担保として使う。

  これら関係者によると、SBGは追加資金を確保しやすくするため、SBのIPOへの参加の可能性といった材料で銀行の気を引いており、傘下企業の株式を担保とすることを含め選択肢を協議している。融資を提供する金融機関はIPOで役割を得られる可能性が大幅に高まるとみられているという。

  SBG広報室の抜井武暁氏は電話取材に対し、それは事実ではないと述べ、それ以上のコメントは控えた。

  融資の仕組みや担保について最終決定は下されておらず、融資を提供しない銀行も起用される可能性はあると、関係者らは語った。約1000億ドル規模のソフトバンク・ビジョン・ファンドへの融資の可能性も一部の協議に含まれたという。

SBGが準備を進める携帯子会社ソフトバンクのIPOでは約900億ドル(約10兆円)のバリュエーション(株価評価)を模索していて、300億ドル相当の売り出しが実現した場合、アリババ・グループ・ホールディングが2014年に記録した250億ドルを抜き、過去最大のIPOとなる見通し。

  7日、東京市場でのSBGの株価は、一時前日比105円(1.1%)安の9900円を付け、11時現在は25円高の1万0030円と上昇に転じている。

原題:SoftBank Is Said to Seek Loans From Banks Pitching for IPO (2)(抜粋)

(第6段落に上場の背景、第7段落に株価動向を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE