コンテンツにスキップする

米副大統領、政権内部の抵抗暴露したNYT論評の筆者でない-報道官

  • ポンペオ、ルビオ氏らは大統領擁護-論評筆者は辞任すべきと主張
  • 論評は誤りで、「ばかげたふ抜け」-副大統領府

トランプ政権高官とされる匿名の人物が秘密裏に大統領に反する行動を取っていると主張したニューヨーク・タイムズ(NYT)紙掲載の論評について、ペンス副大統領の報道担当者は同副大統領が筆者ではないと言明し、論評は誤りで「ふ抜け」だと述べた。

  この論評を巡っては、トランプ大統領がNYTに筆者の身元を明かすよう要求。ポンペオ国務長官やルビオ上院議員(共和、フロリダ州)らも大統領の擁護に回り、論評を書いた人物は訴追される前に辞任すべきだと発言した。

  ペンス副大統領の広報担当責任者を務めるジャロード・エーゲン氏は「副大統領なら自分の論評には署名を入れる」とツイートし、「NYTと論評の筆者は恥じるべきだ。論評は誤っており、ばかげたふ抜けだ。副大統領府はこのような低次元の素人行動に付き合う気はない」と続けた。

トランプ大統領はNYTが掲載した匿名の論説記事を非難。ブルームバーグのテンケート記者がリポート

Markets: Asia." (Source: Bloomberg)

原題:Pence Camp Denies VP Is Times Op-Ed Writer Trump Wants Unmasked(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE