コンテンツにスキップする

世界の4人に1人が運動不足-121位の日本人、米国人よりは体動かす

  • 多くの国で男性より女性の運動が少ない傾向-WHO調査
  • 比較的貧しい国の国民は高所得国に住む人々と比べ倍以上の運動
USA, California, Los Angeles, Man sleeping on sofa
Photographer: Rob Lewine/Tetra images RF
USA, California, Los Angeles, Man sleeping on sofa
Photographer: Rob Lewine/Tetra images RF

4人に1人が運動不足だと世界保健機関 (WHO)が168カ国・地域を対象に実施した調査で指摘した。最も運動量を満たしているのはウガンダの国民で、最下位はクウェート。日本は121位だった。WHOは激しい運動を週75分以上、中強度の運動なら週150分以上を十分な運動と定義している。

  米国は143位、英国123位、シンガポール126位だという。オーストラリアは97位で、インドは117位、フィリピン141位、ブラジル164位となった。

Let's Get Physical

1 in 4 adults -- or 1.4 billion -- around the world do not do enough exercise

Source: World Health Organization

Note: The WHO defines enough exercise as at least 75 minutes of vigorous activity or 150 minutes of moderately intense activity per week or any combination of the two.

  多くの国で男性より女性の運動が少ない傾向があり、比較的貧しい国の国民は高所得国に住む人々と比べ倍以上の運動しているという。クウェートと米領サモア、サウジアラビア、イラクでは人口の過半数が運動不足。ウガンダでは運動不足の国民は5.5%にすぎなかった。

  運動不足を解消する世界的な取り組みで2001年から16年にかけ大きな改善は見られず、25年までに運動不足を10%減らすというWHOの目標達成は難しい状況で、「大半の国」で緊急の対策が必要だとWHOは呼び掛けている。

原題:These Are the World’s Laziest Nations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE