コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

10年ぶり高水準、米経済が1年後にリセッションに陥る確率

Pedestrians cross Broadway towards 1 Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Friday, Aug. 24, 2018. U.S. stocks rose, while the dollar deepened losses and Treasuries turned higher after the Federal Reserve chair signaled the central bank has no intention of accelerating the pace of rate hikes.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米経済が1年後にリセッション(景気後退)に陥る確率が先月、10年前のリセション以降で最も高くなった。ニューヨーク連銀が米国債の利回り曲線に基づき算出する指標が示した。

U.S. recession probability, 12M ahead, at multi-year high

  ニューヨーク連銀が発表した8月の同指標は3カ月前から350ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇、2019年に景気が失速する可能性が高まっていることを示した。


2019年8月7月6月5月4月3月2月1月

確率14.61%13.60%12.51%11.12%11.21%10.84%9.14%10.41%
bp変化幅102109139-937169-127-104

出所:ニューヨーク連銀

原題:U.S. Recession Probability Highest in Decade: NY Fed Indicator(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE