コンテンツにスキップする

トランプ米大統領:韓国との新たな貿易協定交渉が完了、近く調印へ

  • トランプ大統領はホワイトハウスで「交渉は成立した」と発言
  • 自動車への追加関税が米韓FTA承認の妨げになると韓国議会は警告

トランプ米大統領は、韓国との新たな貿易協定の交渉が完了し、今月開会する国連総会に合わせて調印を行う可能性があることを明らかにした。

  トランプ大統領は5日にホワイトハウスで記者団に対し、「交渉は成立した。韓国と長い時間をかけた交渉、約2カ月にわたる交渉がまとまった。ごく近いうちに調印式が行われるだろう」と語った。

  米韓両国は今年3月に米韓自由貿易協定(FTA)再交渉で合意に達したが、韓国議会はトランプ政権が韓国製自動車への追加関税の脅しを実行に移した場合、米韓FTAの関連法案を承認しないと警告していた。

  トランプ大統領は、大統領に通商協定の大幅な見直し交渉を行う権限を与え、議会は個別内容の修正を求めず一括承認か不承認かを判断する大統領貿易促進権限(TPA)の適用を今回は求めていない。トランプ政権は米韓FTAについて議会と協議するとしている。

題:Trump Says He May Sign New South Korea Trade Deal This Month (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE