コンテンツにスキップする

北海道で震度6強、道内全域が停電、復旧に1週間以上か

更新日時
  • 7日に290万KW確保見込む、官邸対策室設置-安否不明者30人超か
  • 北電砂川火力3号機が再稼働、泊原発1-3号機の外部電源も回復

北海道で6日午前3時すぎに大きな地震が発生した。気象庁によると、震源は胆振地方中東部で推定マグニチュードは6.7。厚真町では震度7を記録した。道内全域で発生した停電は全面復旧に時間がかかる見通しで、航空や鉄道などの交通機関やトヨタ自動車日本製紙などの企業活動にも影響が広がった。

  政府は官邸対策室を設置。菅義偉官房長官は臨時記者会見で、安倍晋三首相から早急な被害状況の把握や、政府一体となって災害応急対策に全力で取り組むことなどの指示があったと話した。安倍首相は関係閣僚会議で「自衛隊、警察、消防、海上保安庁の部隊により、救命救助活動に全力を尽くす」などと述べた。

Strong earthquake in Northern Japan

厚真町での土砂崩れ

Photographer: Yomiuri Shimbun via AP Photo

  北海道電力の広報担当によると、一時は管内の295万戸すべてが停電した。世耕弘成経済産業相は、震源地に近い苫東厚真火力発電所の停止により需給バランスが大きく崩れてすべての発電所が停止し、道内全域の停電につながったと説明した。同発電所では4号機タービン付近から出火、1、2号機ではボイラーが損傷し回復には少なくとも1週間は必要という。

  北海道電によれば午後に砂川火力発電所3号機を再稼働したほか、複数の水力発電所も立ち上げ一部地域への送電を再開した。経産省電力基盤整備課の曳野潔課長は6日夜に省内で会見し、午後4時時点で旭川市、札幌市、苫小牧市、室蘭市などの一部で、計33万戸の停電が解消したことを明らかにした。

  7日朝までに奈井江発電所2号機、知内発電所1号機、音別発電所などを起動し、すでに再開した火力や水力と合わせて計120万キロワットの供給を確保し、約100万戸程度の停電を解消させたい考え。早ければ7日中にも約300万キロワット規模の運転再開を目指していると話した。

ピークの供給確保に時間

  ただ、こうした対応でも5日には380万キロワットに達していた需要のピークの水準には届かないことから、北海道全域の停電解消には1週間以上かかる見通し。同日の北海道電の株価は一時前日比6.7%安と2016年10月以来の日中下落率を記録した。

  停電に伴い企業は工場の操業を停止している。各社の広報担当者によると、日本製紙は新聞用紙や感熱用原紙を製造する道内4拠点で操業を停止。トヨタも苫小牧市にある駆動系部品などを生産する子会社のエンジン工場で稼働が止まった。飲料メーカーでもキリンホールディングスでアルコール飲料などを製造する工場が、アサヒホールディングスもビール系飲料の工場が稼働停止となっている。苫小牧市にある出光興産の北海道製油所では精製設備が地震後に自動停止した。

Strong earthquake in Northern Japan

倒壊した安平町の家屋

Photographer: The Yomiuri Shimbun via AP Photo

  三菱製鋼が7割、新日鉄住金が3割を出資する三菱製鋼室蘭特殊鋼(北海道室蘭市)では火災が起きたが、室蘭市消防本部によると午前6時55分に鎮圧。同工場では停電のため操業を停止しているほか、新日鉄住金の室蘭製鉄所も安全確認のため止めている。再開時期は未定。

  国土交通省によると、新千歳空港は地震の影響によりターミナルビルで水漏れが多数発生し、旅客の安全を確保するため終日閉鎖。同空港を発着する国内線、国際線はすべての便が欠航となった。同省危機管理室の前田隆司氏は、電力の復旧と漏水部分の修復が済めば再開できると話した。JR北海道は地震に伴う停電の影響で全道で運転を見合わせている。固定電話や携帯電話の通信にも影響が出ている。

  菅官房長官は6日夕の会見で、土砂崩れなどにより7人が死亡したと発表。安否不明者の人数は把握していないとした。共同通信によると、32人が安否不明となっており、道警などが確認を急いでいる。札幌や苫小牧などで100人以上が重軽傷を負っているという 。

●北海道で発生した地震の主な影響(各社広報担当者など)

  • 札幌証券取引所:全銘柄の売買を一時停止-7日の再開については未定
  • 北海道電:同社管内の295万戸すべてで停電
  • JR北海道:新幹線含む鉄道全線で運行停止
    • 7日は在来線で午前の運転見合わせを決定、新幹線の運航は未定
  • 新日鉄住金:室蘭製鉄所は安全確認のためきょうの操業を停止、再開めど未定
  • 出光興産:苫小牧市の北海道製油所が地震後に自動停止
  • JAL:新千歳空港からのきょうの発着92全便が欠航
  • ANAHD:新千歳空港発着の国内線130全便が欠航、あす以降の見通し未定
  • トヨタ:北海道工場の稼働を停止-6日夜間操業も
  • デンソー:千歳市の工場の稼働を停止
  • アイシン精機:工場を停止
  • いすゞ自:停電で苫小牧の部品工場の操業停止
  • パナソニック:千歳市と帯広市の電子部品2工場が稼働を停止
  • ミネベアミツミ:完全子会社ミツミ電機の半導体工場(千歳市)は停電のため操業停止中
  • アサヒGH:スーパードライなど製造の北海道工場は停電のため稼働停止
  • 三菱重工:札幌市内の営業拠点は停電のため休業
  • 三菱製鋼:室蘭市の特殊鋼工場で火災、午前6時55分に鎮圧-同市消防本部 
  • 保険各社:
    • 損保ジャパン日本興亜:本社に災害対策本部を設置し被害状況を収集中、損害査定のため100人超を現地に派遣予定
    • 東京海上日動火災保険:災害対策本部を設置し、損害査定などの人員派遣、数百人規模での対応を予定、ドローンを活用した被害把握の準備整う
    • 三井住友海上火災保険:札幌に対策室を設置し300人体制での対応や、ビデオチャットを活用した損害調査などを検討

(第6段落で火災発生の場所を室蘭製鉄所内に訂正済みです)

(第4に経産省発表の情報を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE