コンテンツにスキップする

元ブラックストーンのスタジンスキ氏、PIMCOで大手顧客助言役に

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は5日、大手顧客向けに助言を提供する新たなポジションに米ブラックストーン・グループの元幹部、ジョン・スタジンスキ氏(62)を起用したと発表した。同氏はインベストメントバンカーとしてロンドンやウォール街では知られた存在だ。

  発表資料によれば、スタジンスキ氏はマネジングディレクター兼バイスチェアマンとして、年金ファンドや政府、政府系ファンド(SWF)といった顧客の助言役を務める。同氏はニューヨークで勤務し、エマニュエル・ローマン最高経営責任者(CEO)の直属の部下となる。

  ローマンCEOは「スタジンスキ氏は世界の金融界における真のリーダーだ」と述べた。

  スタジンスキ氏は、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)の常連で、国際的なディールメーカーであり、人権運動家でもある。さらにローマ法王庁(バチカン)のアドバイザーも務めている。同氏は12年間勤務したブラックストーンを先月退職した。

原題:Pimco Hires Ex-Blackstone’s Studzinski to Advise Top Clients (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE