コンテンツにスキップする

中国人民銀:8月に流動性を調整、実体経済支援が狙い-関係者

  • 人民銀は8月にレポ取引で約3000億元を吸収と関係者
  • 中期金融市場での貸出額を増やす-人民銀のコメントは得られず

中国人民銀行(中央銀行)は先月、短期金融市場から流動性を吸収した。事情に詳しい関係者が明らかにした。実体経済への融資を支える取り組みを補完した。

  人民銀は8月にレポ取引で約3000億元(約4兆8900億円)を吸収。公に話す権限がないとして関係者が匿名を条件に述べた。人民銀は同月、リバースレポ取引を通じた資金供給を行うとともに、中期金融市場での貸出額を増やした。

  異なる公開市場操作(オペ)を組み合わせることで、投機的な取引も多い短期金融市場の流動性を中立に維持するとともに、中期資金供給を介し企業向け融資を促す効果も見込まれる。ブルームバーグのコメント要請に人民銀は今のところ応じていない。

原題:PBOC Said to Have Adjusted Liquidity as Part of Economic Support(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE