コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

トランプ大統領が再びツイッターでメディア攻撃、今度の相手はNBC

  • NBCの放送免許見直しを示唆、連邦当局は動かず
  • これまでにもCNNやWP紙、アマゾンなどを幾度も批判
An NBC logo
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

トランプ米大統領は4日のツイッター投稿で米コムキャスト傘下NBCの放送免許見直しをほのめかしたが、そうした新たなメディア攻撃もこれまでのところ連邦当局からほとんど何の動きも引き出せていない。

  NBC系列のテレビ局の放送免許は無傷のままだ。CNNの親会社であるタイム・ワーナーは、トランプ氏の反対を押し切り、米AT&Tに身売りした。米紙ワシントン・ポスト(WP)の所有者ジェフ・ベゾス氏率いる米アマゾン・ドット・コムは、米郵政公社(USPS)との契約を巡るトランプ氏の批判にもかかわらず、USPSを通じた商品配送を続けている。

  表現の自由を定めた米憲法修正第1条を擁護する「報道の自由のための記者委員会」の委員長を務めるデービッド・ブロードマン氏は、「こうした思慮に欠ける」トランプ氏の脅しは「言語道断だ」とコメント。「トランプ氏にとってメディアへの危険な攻撃が当たり前になっているとはいえ、衝撃的だ」と述べた。

  トランプ氏は4日、性的暴行などの罪で起訴されたメディア界の元大物ハーベイ・ワインスタイン被告に関する報道を見送ったとしてNBCを批判。「私はずっとNBCを批判してきた。同社の報道基準はCNNにさえ劣る。こうしたメディアの放送免許に目を向けるべきだろうか」とツイートした。

  放送免許を主管する米連邦通信委員会(FCC)のトップをオバマ前政権下で務めたトム・ウィーラー氏はトランプ氏のNBC批判について、「また始まった。彼は自分に同意しない相手を罰するのが政府の仕事だと思っているようだ」と指摘した。

  FCCの現委員長は、トランプ氏が指名した共和党員のアジット・パイ氏。FCCのティナ・ペルキー報道官は取材に応じなかった。コムキャストの広報担当、ジョン・デミング氏はコメントを控えた。

原題:Trump Renews Fruitless Assault on Media With Tweet Attacking NBC(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE