コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(9月5日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株は続落、米経済指標に貿易摩擦の影響-機械や化学、内需安い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は続落。米製造業景況指数で輸出入が低水準となったほか、米国とカナダとの通商協議が長引くとの見方から貿易摩擦問題への警戒が高まった。情報・通信や不動産など内需、化学や機械など外需関連が下落した。

  TOPIXの終値は前日比13.28ポイント(0.8%)安の1704.96と5日続落し、5月30日までの8日続落以来の長さ。日経平均株価は116円07銭(0.5%)安の2万2580円83銭と4日続落。

  みずほ証券の中村克彦シニアテクニカルアナリストは「米国のカナダや中国などとの通商協議は長引くことが予想される」とし、貿易摩擦懸念から買いにくいことを指摘。米製造業景況指数については「指数そのものは高水準だったが、輸出入が低水準で貿易摩擦の影響が出てきたことに相場は過剰に反応」したとみていた。

  東証1部33業種は情報・通信、不動産、化学、海運、電気・ガス、その他金融、空運、保険、医薬品など29業種が下落。上昇は鉱業、パルプ・紙、金属製品など4業種。

  売買代金上位は、台風の影響で訪日外国人客が減少するとの見方から資生堂やコーセー、ファンケル、CB発行で株式価値の希薄化などが警戒されるLINE、ジェフリーズ証券が格下げしたコマツ、8月受注高が減少した大東建託が安い。8月売上高が伸びたファーストリテイリング、中国から事実上撤退するスズキ、米ナスダック市場での預託証券(ADR)上場を申請したペッパーフードサービスは高い。

  東証1部の売買高は12億3444万株、売買代金は2兆2644億円で前日から25%増えた。値上がり銘柄数は701、値下がりは1297だった。

●債券上昇、10年入札無難通過で買い安心感-オペ大幅減額懸念も後退

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は上昇。この日に実施された10年利付国債入札を無難に通過できたことで買い安心感が広かった。先物相場は午後に上げ幅を拡大し、長期や超長期ゾーンの現物債も堅調となった。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の351回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値と横ばいの0.115%で取引を開始。午後は入札結果を受けて買いが入り、0.5ベーシスポイント(bp)低い0.11%に水準を下げた。

  三菱UFJ信託銀行資金為替部の鈴木秀雄課長は、「海外金利の上昇を受けて朝方はやや重めに始まっていたが、10年債入札が無難な結果だったことで買い戻された」と指摘。「昨日の日本銀行の国債買い入れオペを受けて、中長期ゾーンの買い入れ額が月間ベースで大幅に減額されるという懸念がなくなったことも10年債入札の安心感につながった面もある」と言う。

  長期国債先物市場で中心限月9月物は前日比1安の150円26銭で取引を開始し、一時は150円24銭まで下落した。その後はプラスに転じ、午後には150円34銭まで上昇。結局は5銭高の150円32銭で引けた。

  財務省が実施した10年利付国債入札の結果は、最低落札価格が99円86銭と、ブルームバーグがまとめた予想中央値と一致した。投資家需要の強弱を反映する応札倍率は4.55倍と、前回の4.17倍を上回り、2月以来の高水準となった。小さければ好調を示すテール(最低と平均落札価格の差)は1銭と、前回の12銭から大きく縮小した。
  

●ドル・円は111円台半ば、米加通商交渉警戒や新興国不安が上値抑制

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場ではドル・円相場が1ドル=111円台半ばで小じっかり。輸入企業の決済が集中しやすい五十日(ごとおび)で仲値にかけてドル買い・円売りが進んだが、米国とカナダの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の行方や新興国市場に対する懸念が強く、上値は限定的となった。

  午後3時20分現在のドル・円は前日比ほぼ横ばいの111円45銭。朝方は111円40銭台を中心に小動きが続いた後、午前10時頃に一時111円71銭と4営業日ぶりの水準まで上昇。その後は伸び悩み、午後の取引では前日のニューヨーク終値(111円41銭)付近まで値を戻す場面が見られた。

  外為どっとコム総研の神田卓也調査部長は、貿易摩擦も新興国不安もどちらかというとドル買い要因で、米供給管理協会(ISM)製造業指数の強さを見ても「ドル最強の流れであることは間違いない」としながらも、NAFTA再交渉が不調となればドル高と同時に円高も進行し、「ドル・円にはマイナス要因になり得る」と指摘。ドル・円は先週に続いて一目均衡表の雲を一時上抜けたが、「それがだましかどうかも含めて確認したい」と話した。

  オーストラリアドルは4-6月の同国経済成長が市場予想を上回ったことを受けて一時急伸したが、新興国不安が重しとなり、買い一巡後に伸び悩んだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE