コンテンツにスキップする

米フェイスブック、オフィススペースを積極拡大-今後の成長を楽観

  • 投資家の懸念をよそにメンロパークの従業員数は今後10年で倍増も
  • 従業員1人当たりのスペース拡大もしくは将来の採用増の布石か

米フェイスブックが7年前にカリフォルニア州メンロパークを本拠としてから、同市は建設用クレーンや建築資材などであふれ返っている。かつて工業地域だったエリアは、時価総額約500億ドル(約5兆8000億円)の巨大テクノロジー企業を支える広大なキャンパスに生まれ変わった。

  フェイスブックの野心は大きく、シリコンバレーにあるメンロパークで保有する全ての土地の再開発を計画している。メンロパークでの従業員数は今後10年間で3万5000人に倍増する可能性があり、これは同市の現在の人口を上回る。しかし、これでも同社の拡大計画には十分ではない。

  同社のファシリティー責任者、ジョン・テネインズ氏は「当社は成長し続けている。当社はより多くのスペースを必要とする時期にあり、このエリアだけでは追い付かない」と語った。

  フェイスブックを取り巻く混乱や、同社の減速に対する投資家の懸念にもかかわらず、同社はオフィススペースを積極的に拡大しており、将来への楽観に限界がないことを示唆している。

  メンロパークは始まりにすぎない。同社は過去1年間だけでも、サンフランシスコ・ベイエリアでのオフィススペースの大幅拡大を可能にする契約を結んだ。既に過熱する同地域のオフィス市場で、フェイスブックは最も積極的に賃借している企業の一つであり、これほど多くのスペースをどうやって埋めるのか仲介業者やアナリストが推測する状況となっている。

EMBARGOED UNTIL 10:00 EST, SEPT 7, 2018

フェイスブックの新オフィス

写真家:Michael Short / Bloomberg

  不動産データ会社コースター・グループのカテリナ・チェオク氏は、フェイスブックが「従業員に大量のパーソナルスペースを与えるつもりか、将来採用する人を探しているかのどちらかだ」と述べた。

Facebook Expands Throughout Bay Area

Square feet of office space by city

Sources: Facebook, U.S. Census Bureau

Note: Includes offices that are under construction

原題:Facebook Real Estate Binge Shows It Has No Worries About Growth(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE