コンテンツにスキップする

良品計画、欧州本社を英国から移転する計画検討-EU離脱受けて

  • 英国のEU離脱が理由、移転先の最有力候補地にドイツ
  • パナソニックも先週、英国からの欧州本社移転方針を表明
7-Eleven Convenience Stores And Other Retail Stores Ahead Of Earnings Announcement
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
7-Eleven Convenience Stores And Other Retail Stores Ahead Of Earnings Announcement
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

良品計画は、欧州本社を英国から移転させることを検討している。英国の欧州連合(EU)離脱が理由で、パナソニックも先週、欧州本社を英国から移す方針を明らかにした。

  計画が公表されていないことから匿名を条件に語った関係者によると、移転先の最有力候補にはドイツが挙がっている。ロンドンの欧州本社には現在50人前後が勤務しているが、移転となった場合にどれだけが異動するかは明らかでないという。良品計画は英国内に12店舗を持つ。

  良品計画の広報担当者は電子メールで「会社として英国のEU離脱によるリスクを精査しており、可能な全ての選択肢を常に検討している」としつつ、「新たな移転先は定まっておらず、移転について決定は下されていない」と説明した。

原題:Muji Weighs Brexit Headquarters Move Away From U.K. to Continent(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE