, コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Photographer: Waldo Swiegers/Bloomberg
cojp

南アフリカ経済、2009年以来のリセッション入り-ランド急落

  • 4-6月GDP、前期比年率0.7%減-市場予想0.6%増
  • 前年同期比では0.4%増、農産物の不作が響く

南アフリカ共和国は4-6月(第2四半期)に、2009年以来のリセッション(景気後退)に陥った。農産物の不作が響いた。

  4日の発表によると、第2四半期の国内総生産(GDP)は前期比年率0.7%減。第1四半期は同2.6%減で、2四半期連続のマイナス成長となった。ブルームバーグ調査の中央値で第2四半期は0.6%増が見込まれていた。前年同期比では0.4%増だった。

  この発表を受けてランドは急落。ヨハネスブルク時間午前11時45分時点で前日比2.3%安の1ドル=15.2094ランドで取引されている。

南ア経済、第1四半期と第2四半期で縮小

原題:South Africa’s Economy Slips Into First Recession Since 2009(抜粋)
Ramaphosa Starts With a Recession, Just Like Zuma Nine Years Ago

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE