コンテンツにスキップする

イタリア、株と債券値上がり-サルビーニ副首相が赤字2%以内目指す

  • イタリア株の指標のFTSE・MIB指数は1%上昇
  • 10年債利回りは11bp低下、ドイツ債とのスプレッドは12bp縮小

4日のイタリア金融市場では株と債券が値上がり。サルビーニ副首相が財政赤字を欧州連合(EU)が定める上限以内に収める方針を示したことで安心感が広がった。

  10年物国債利回りは7週間ぶりの大幅低下、欧州株式市場ではイタリア株の上げが目立った。サルビーニ副首相は財政赤字を対国内総生産(GDP)比で2%以内とすることを目指すと、イタリア紙スタンパが報じた。同副首相は先に、「全ての規則」を尊重すると言明していた。政治指導者らは4日に2019年の予算について議論を開始する。

  イタリア10年債利回りは、11ベーシスポイント(bp)低下の3.05%。3日は8bp低下していた。ドイツ債との利回り格差は12bp縮小し270bp。イタリア株の指標のFTSE・MIB指数は現地時間午前9時47分(日本時間午後4時47分)現在、1%高。

Italian bonds rise after deputy premier signals willingness to respect rules

原題:Italian Markets Jump After Salvini’s Vow to Respect Budget Rule(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE