日本国債、海外勢売り越しが2年強で最大-日銀購入縮小見込み反映

  • 海外勢の月間売り越し、16年3月以来の規模-財務省データ
  • 日銀の購入縮小で利回りが上昇すると外国勢は予想-メリル日本証

世界のファンドは2年強ぶりのペースで日本国債の保有を削減している。日本銀行が購入を減らし利回りが上昇すると見込んでいるためだ。

  財務省の週間データによると、外国人投資家が7月27日ー8月24日の期間に売り越した日本国債は1兆4700億円相当。月間べースでは2016年3月以来の流出規模だった。

  メリルリンチ日本証券の大崎秀一チーフ金利ストラテジストは、今回の売りは日銀の購入縮小が利回り上昇につながるとの外国人投資家の見方を反映したと思われるが、利回りはなかなか上がらず、外国勢は徐々に戻ってくると予想すると述べた。

Sayonara Nihon

Global funds on track for biggest net selling of Japanese bonds in 2 years

Sources: Japan's finance ministry, Bloomberg

原題:Japan Bonds Set for Biggest Foreign Outflow in Two Years on BOJ(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE