コンテンツにスキップする

熱帯暴風雨「ゴードン」ハリケーンに発達してメキシコ湾岸上陸へ

  • ミシシッピー川下流地域に5日上陸の見込み
  • ニューオーリンズ市はゴードン上陸に備え非常事態宣言

熱帯暴風雨「ゴードン」はメキシコ湾洋上の天然ガス・油田地域を通過しながら勢力を強めており、ハリケーンに発達してミシシッピー川下流地域に5日上陸しそうだ。

  米国立ハリケーン・センター(NHC)が米東部時間3日午後11時(日本時間4日正午)に出した勧告によると、ゴードンの最大風速は時速60マイル(95キロメートル)で、ミシシッピー川河口から約330マイルの地点にある。4日中にメキシコ湾東部を縦断する見通し。

relates to 熱帯暴風雨「ゴードン」ハリケーンに発達してメキシコ湾岸上陸へ

熱帯暴風雨「ゴードン」

ソース:NOAA

  NHCは、「ゴードンは今後24時間内に徐々に勢力を強め、ハリケーンに発達してメキシコ湾岸中北部に上陸する」と勧告。「上陸後は急速に勢力を弱める」とみている。

  ニューオーリンズ市のラトヤ市長は3日、ゴードン上陸に備え非常事態を宣言したと、市長のオフィスが電子メールで声明を発表。同市長はまた、市庁舎と市政府機関を4日は閉鎖し、緊急対応の職員のみ待機するよう命じた。

原題:Gordon Forecast to Strike U.S. Gulf Coast as a Hurricane (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE