コンテンツにスキップする

合意なきEU離脱、英経済に既に痛手-フォークリフト企業に見る実態

  • コンビリフト社はシートの調達先を英国からドイツに切り換え
  • 透明感の欠如が投資や経済成長に影響を与えている

合意なき欧州連合(EU)離脱を巡る懸念が既に英国にどれほど痛手をもらしているかを知りたいなら、フォークリフトトラックメーカーのコンビリフトを経営するマーティン・マクビカー氏に聞いてみたらいい。

How a $1.7 Million Contract Loss Shows Cost of No-Deal Brexit

マーティン・マクビカー氏

フォトグラファー:Patrick Bolger / Bloomberg

  同社はアイルランドで年間約6000台のフォークリフトトラックを輸出向けに生産する。今年までは部品のシートを英ウェールズの工場から輸入していた。しかし、合意なき離脱が同社の既存のサプライチェーンに打撃となることを懸念して、調達先をドイツのメーカーに切り換えた。契約額は120万ユーロ(約1億5500万円)だ。

  北アイルランドとの国境まで約10マイル(約16キロ)のモナハンにあるコンビリフトの工場でマクビカー氏は「英国のEU離脱が要因だ。そうでなければ変更しなかっただろう」と語り、「英国にある当社のサプライチェーンは拡大しない。状況が明確になるまでは控える」と述べた。

  マクビカー氏の決断はEU離脱で英経済が既に被っている痛みを象徴するものだ。それは来年3月に英国が離脱する際にEUとどんな条件を結ぶかに関する不透明感とかなり関係している。UBSグループの分析によると、離脱が決まったことで既に英経済生産の2%以上に相当する代償が生じている。

  離脱による英国への2つ目のマイナス効果、すなわち値上げについても、コンビリフトは実証している。同社は売上高の約25%を稼ぐ英国で1月に4.5%の価格引き上げに踏み切った。英国の離脱が決まった国民投票以降、ポンドが約15%下落している影響を補うためだ。

  英国がEUと合意できずに離脱した場合、マクビカー氏は同程度の再値上げを実施する構え。その際は、世界貿易機関(WTO)の規則に基づきフォークリフトトラックに適用される関税を賄うための値上げだ。

  マクビカー氏は「利益を犠牲にはできず、顧客に転嫁せざるを得ないだろう」とし、「そうした意味で勝者はいない」と語った。

U.K. economic growth has slipped since mid 2016

原題:How a $1.4 Million Contract Loss Shows Cost of No-Deal Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE