コンテンツにスキップする

野村HD、ヘッジファンドのミレニアムのトレーダー起用-関係者

  • ミレニアム・マネジメントのゴーシアス氏採用、野村は欧州事業強化
  • 4-6月に欧州事業は赤字、前任のミリガン氏は最近退社

野村ホールディングスは350億ドル(約3兆8900億円)規模のヘッジファンド、ミレニアム・マネジメントの運用者を採用する。事情に詳しい関係者が明らかにした。海外事業のパフォーマンス改善に苦戦する野村が、欧州クレジット事業のけん引役を託す。

  情報が非公開であることから匿名を条件に語った関係者によると、野村はジョン・ゴーシアス氏を欧州・中東・アフリカ(EMEA)担当フロークレジット・トレーディング責任者として起用する。ゴーシアス氏は2017年にミレニアムに加わる前、HSBCホールディングスで同様の事業の共同責任者を務めていた。同氏のリンクトインのページによると、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)でクレジット・トレーディングのシニア職に就いていたこともある。

  ゴーシアス氏、およびロンドン在勤の野村広報担当を務めるイーファ・レイノルズ氏はいずれもコメントを控えた。ミレニアムの広報担当者も現時点でコメントしていない。

  野村は4-6月(第1四半期)の純利益が前年同期比91%減。欧州事業は赤字で、経営陣は事業立て直しを迫られている。7月にはロンドンで50人以上削減することが判明、EMEAフロークレジット・トレーディング責任者だったジェームズ・ミリガン氏は最近退社した。

原題:Nomura Is Said to Lure Millennium Trader to Run EMEA Flow Credit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE