コンテンツにスキップする

中国最大の「火鍋」チェーン、香港IPOの需要調査開始

  • 海底撈国際の香港IPO規模、最大1100億円程度と関係者
  • CMBインターナショナルとゴールドマンが共同スポンサー

中国最大の「火鍋」レストランチェーン、海底撈国際が香港での新規株式公開(IPO)計画で投資家需要の調査を開始した。

  ブルームバーグが入手したIPO条件によれば、投資家への打診が3日始まった。事情に詳しい関係者は先に、最大10億ドル(約1100億円)のIPO規模となる可能性があると述べていた。

  CMBインターナショナル・キャピタルとゴールドマン・サックス・グループがIPOの共同スポンサーを務める。中国の食文化である火鍋は、スパイスを利かせたスープで肉や海鮮類、野菜を味わう。

Inside a Haidilao Hotpot Restaurant Where China Billionaire Has Big Expansions Plans

上海の「海底撈」店舗

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

原題:Hotpot Chain Haidilao Starts Gauging Demand for Hong Kong IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE