コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国株はバリュー対象たり得るか、いまだ落下するナイフか

中国株は予想PERベースで2014年以来の低水準付近
Investors sit in front of an electronic stock board at a securities brokerage in Shanghai, China, on Wednesday, May 30, 2018. Foreign investors are about to get a bargain. At least, that's the optimistic slant after Chinese equities slumped for the longest stretch since 2013, taking valuations back to two-year lows right before they feature on MSCI Inc. indexes from June 1.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  中国株は今年の世界の主要株式市場で最もパフォーマンスが悪く、上海総合指数は1月の高値から23%余り下落している。同指数は現在、2019年予想利益ベースの株価収益率(PER)10倍付近で推移しており、一部の投資家はそこにバリューのサインを見いだそうとしている。ただその一方で、中国株は落ちてくるナイフのままだと警戒する声も根強い。不透明な経済見通しや株式市場の流動性の欠如、個人投資家による低い信頼感が長期にわたり株式の重しになる恐れがあると、光銀国際投資の調査責任者、林樵基(バニー・ラム氏、香港在勤)は語った。
                        
原題:Cheap Chinese Stocks Could Be Value Play or Falling Knife: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE