コンテンツにスキップする

イランがイラクにミサイル移送との報道を米国は懸念:米国務長官

ポンペオ米国務長官

ポンペオ米国務長官

Photographer: Eric Thayer/Bloomberg
ポンペオ米国務長官
Photographer: Eric Thayer/Bloomberg

ポンペオ米国務長官は1日、イランが弾道ミサイルをイラクに移送しているとの報道について米国が強く懸念していると述べた。

  ポンペオ長官は真実だとすれば、「イラク主権のひどい侵害」で、国連安保理の決議に違反するとツイートした。

  イランは過去数カ月にわたりイラクのシーア派勢力にミサイルを提供していたと、ロイター通信が両国と欧米の匿名の情報当局者を引用して伝えた。ロイターによると、イランは中東における自国権益への攻撃を阻止するためイラクでシーア派勢力がミサイル建造能力を開発することも支援していたという。

  イラン外務省のカセミ報道官は1日、そうした疑惑を否定し、「根拠のない」「ばかげた」ものだとコメント。イランを悪者扱いする政策の延長で域内諸国の不安をあおることが目的だと述べたと、同国のメヘル通信は報じた。

原題:Pompeo Concerned by Reports of Iran Moving Missiles to Iraq (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE