コンテンツにスキップする

中国JDドットコム会長の不正行為は確認されず、米警察捜査で

  • 劉強東氏を勾留せずに捜査継続-ミネアポリス警察の報道官
  • 劉会長は違法な性的行為の容疑で8月31日に逮捕された-NYT

中国の電子商取引会社JDドットコム(京東)は2日、創業者の劉強東会長が米国出張中に不正行為疑惑で米警察の捜査を受けたが、そうした行為は確認されなかったと、ソーシャルメディアの微博(ウェイボー)に掲載した資料で明らかにした。しかし、地元警察は捜査がなお継続中だとしている。

Key Speakers At The Wall Street Journal DLive Asia Conference

劉強東氏

写真家:Billy HC Kwok / Bloomberg

  米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)の報道によれば、劉会長は8月31日遅く、違法な性的行為の容疑でミネアポリス警察に逮捕されたが、翌日午後、釈放された。同紙はヘネピン郡保安官事務所の留置場登録簿を引用して伝えた。JDドットコムは発表資料で、捜査の詳細は示さなかった。

  ミネアポリス警察の報道官、ジョン・エルダー氏は捜査が続いていると述べた。警察は捜査が行われている間に劉会長を勾留しないことを決めたと同氏は説明したが、逮捕理由の詳細は明らかにしなかった。

  JDドットコムのメディア・投資家向け広報活動部門に営業時間外に電話取材を試みたが返答はなかった。コメントを求める電子メールに対してもこれまでに回答はない。

  JDドットコムは発表資料で、虚偽や臆測の報道に対しては法的措置を講じると表明。劉会長は出張先で予定をこなしていくと説明した。

原題:JD.com Says CEO Cleared in U.S. After Police Investigation (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE