米コカ・コーラ、英コスタを約5600億円で買収-コーヒー市場に参入

  • 同社にとって8年ぶりの大型買収、コーヒーの世界的ブランド取得
  • 32カ国の3800店舗、中国での足掛かりを手に入れる

清涼飲料メーカーの米コカ・コーラはコーヒー店チェーンの英コスタを39億ポンド(約5600億円)で買収し、競争の激しいコーヒーチェーン市場に参入する。コカ・コーラにとっては8年ぶりの大型買収となる。

  コスタ親会社の英ウィットブレッドがコスタのスピンオフ(分離・独立)計画を4月に発表したことを受けて、コカ・コーラは買収のチャンスに飛びついた。コスタ買収により、未参入だった分野の事業を取得し、32カ国の3800店舗および中国での足掛かりを手に入れる。ウィットブレッドのアリソン・ブリッテン最高経営責任者(CEO)は両社が今回の発表のわずか数分前に署名したことを明らかにした。コカ・コーラから最初に打診を受けたのは6月だったという。

ロンドンのコスタ・コーヒー店

写真:Chris Ratcliffe / Bloomberg

  ウィットブレッドは1995年にコスタを1900万ポンドで買収した。当時の店舗数は39だった。


原題:Coke Makes $5.1 Billion Bet on Coffee Market With Costa Purchase(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE