中国人民元:上昇-予想より高めの中心レート設定、17営業日連続

  • オフショア元、このままいけば1週間ぶり大きな上げ
  • 人民銀に抵抗するような取引を市場は望まず-謝棟銘氏

中国人民元は31日、対ドルで上昇している。中国人民銀行(中央銀行)が人民元の中心レートを市場予想より引き続き元高方向に設定し、当局が為替相場の安定化を望んでいるとの見方が強まった。

  オフショア人民元は香港時間午前10時54分(日本時間同11時54分)現在、0.32%高の1ドル=6.8457元。このままいけば1週間ぶりの大きな上げとなる。 中国本土市場の人民元は0.15%上昇。

 

Clear Signal

Yuan reference rate shows biggest bias for strength in two weeks

Source: Bloomberg, CFETS

  人民銀は17営業日連続で中心レートを市場予想より高めに設定。この日の中心レートとブルームバーグ調査での予想平均の開きは0.1%と、2週間ぶりの大きさとなった。

  オーバーシー・チャイニーズ銀行の謝棟銘エコノミスト(シンガポール在勤)は「人民元相場の安定化に向けた一段の支援策を巡る懸念があり、人民銀に抵抗するような取引を市場は望んでいない」と指摘。「貿易摩擦が大きく悪化したり、ドルが大幅上昇したりしない限り、人民元はこの先、狭いレンジ内で推移する可能性が高い」と述べた。

原題:Offshore Yuan Gains Most in Week as China Sends Signal With Fix(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE