トランプ米大統領:マケイン氏をきちんと追悼した-対応の誤り否定

  • マケイン氏はオバマ氏より良い大統領になっていたかとの質問に答えず
  • マケイン氏に対し「要請された全てのことを行った」

トランプ米大統領は30日、マケイン上院議員の死去後に同氏をきちんと追悼したと主張した。ただ、2008年の米大統領選で敗れたマケイン氏がオバマ前大統領よりも良い大統領になったと思うかとの質問には答えなかった。

  トランプ氏がマケイン氏を悼み半旗にしていた星条旗を翌日には通常の位置に戻すよう指示したことが、多くの米国民の反発を招いていた。米最大の退役軍人団体は書簡で、マケイン氏が埋葬されるまで半旗掲揚を続けるよう要請した。

  国を一つにまとめる機会を逃すという誤りを犯したのかとの質問に、トランプ氏は否定した。大統領執務室で行われたブルームバーグ・ニュースとのインタビューで「私は要請された全てのことを行った」と述べた。

  トランプ氏は「われわれには意見の相違、それも極めて根強い相違があった」と指摘。「私は同氏が信じていたと思われる多くのことに同意しなかった」と語った。

  マケイン氏がオバマ氏より良い大統領になっていたかとの質問に対し、トランプ氏は回答を拒否。「それについてはコメントしたくない。私は非常に強い考えを持っている」と述べた。トランプ氏はまた「いつか後でその答えを教えるかもしれない」とも話した。

原題:Trump Says McCain Flag Flap Wasn’t Fumble After ‘Disagreements’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE