スルガ銀行が大幅安、岡野会長に資金流用の疑いの報道-不祥事相次ぐ

  • ムーディーズは長期預金格付けを1段階低いBaa1に下げた
  • 社員の預金流用を含めて、不祥事の報道・表面化が続いている
Photographer: Andy Hung/Bloomberg
Photographer: Andy Hung/Bloomberg

スルガ銀行の株価が大幅安、一時前日比5.9%下落した。岡野光喜会長をめぐる資金流用が報じられて、取引開始から売り注文が先行している。

  株価は前日比38円(5.9%)安の602円まで下落した。創業家の岡野光喜会長が関連会社への融資の一部を流用した疑いがあることが金融庁検査で判明したと31日付の毎日新聞が報じた。またムーディーズは30日、スルガ銀の格付けを1段階低いBaa1に下げた。日中下落率は23日以来で、この日はシェアハウス関連の不適切融資が1兆円規模と報じられてストップ安(値幅制限いっぱいの下落)になった翌日だった。

  これに先立ちスルガ銀を巡っては、住宅ローンを実行した相手に指定暴力団組員がいた疑いがあるとの報道やシェアハウス融資で東京スター銀行を欺き融資を引き出したとの報道、顧客の定期預金を解約するなどで約1億6500万円を社員が流用したことが明らかになっている。株価は午前10時5分現在で28円(4.4%)安の612円で取引が進んでいる。値下がり率は東証3位。スルガ銀の不適切融資問題を調査している第三者委員会は、9月7日に報告書を公表する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE